バグだらけのFirefox22はダウングレードで対処しよう

次世代ブラウザFirefox

Firefox22を旧バージョンである21にダウングレードする方法を解説します。

Firefox22には現在、以下のようなバグや不具合があるようです。

  • 勝手に解像度が変わって拡大表示される
  • ブックマークツールバーが消える
  • 誤って閉じてしまったタブを開き直すことができない(Ctrl + Shift + Tが機能しない)
  • Firefoxを再起動したときに前回終了時のタブが復元されない

さすがにこれだけ多いと個別に対処するより、旧バージョンにダウングレードしてしまうのが手っ取り早いです。

Firefoxのダウングレードの方法

旧バージョンのダウンロード | 次世代ブラウザ Firefox にアクセスして、「FTPサイト」をクリックします。

次に「Ctrl + F」でページ内検索を開き、「21.0」と入力してEnterまたは「F3」キーを押します。

2013-07-04_07h02_45

21.0のフォルダが見つかったら、クリックして展開します。

WindowsPCの人は「win32」を、MacPCの人は「mac」をクリックします。

2013-07-04_07h03_18

続いて、Windowsの人は「ja」を、MacPCの人は「ja-JP-mac」をクリックします。

2013-07-04_07h07_20

「Firefox Setup 21.0.exe」をクリックしてダウンロードします。

2013-07-04_07h11_01

ダウンロードが完了したら一旦Firefoxを終了します。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると「Firefox21」のセットアップウインドウが起動します。

指示に従ってインストールを完了させてください。

旧バージョンに戻したら、 Firefox17では「Tab Mix Plus」が未対応、Firefoxの自動更新に注意! を参照してFirefoxの自動更新を無効化しておくとよいでしょう。

最後に

ブックマーク、履歴、Cookie情報などが記録されるプロファイルは、旧バージョンにちゃんと引き継がれます。

とりあえずバグや不具合が治るか、対処法がわかるまでバージョン21.0にしておくのが賢明です。

また何か新しい情報があれば記事を書きたいと思います。

Firefox17では「Tab Mix Plus」が未対応、Firefoxの自動更新に注意!

tabmixplus

2012年11月21日にFirefox17.0正式版がリリースされました。しかし人気アドオンである「Tab Mix Plus」が11月21日現在で未対応となっています。

ですから、「Tab Mix Plus」が使用できなくなると困る人は、Firefoxの最新版の自動更新を無効にするように設定しておいて、正式に対応されるまで待ちましょう。

デフォルトの設定だと、最新版の通知があった場合、勝手にインストールが始まってしまします。

そこで、自動更新のインストールをコントロールする方法を解説します。

自動更新をしないように設定する

「ツール」→「オプション」で表示されるウインドウで「詳細」タブを選択します。続いて「更新」タブを選択します。

2012-11-21_13h21_58

最後に「更新の確認は行うが、インストールするかどうかを選択する」にチェックをして、「OK」をクリックします。

2012-11-21_13h25_47

これで、最新版の自動インストールをしないように設定できました。

すでにFirefox17にアップデートしてしまった人は、Firefoxの互換性チェックでアドオンが無効化されたときの簡単な対処法で、「Tab Mix Plus」を有効化できます。

関連記事

Firefox15に搭載されたPDFビューワの使い方

PDFビューワ

Firefox15に新しく搭載されたPDFビューワ(PDF.js)の有効化方法と使い方について解説します。

アドオンの「PDF Download」を有効にしている場合は、無効に設定してください。

有効化方法

PDFビューワはデフォルトでは無効になっているので、まずは有効化の設定をしましょう。

STEP1: Firefoxのアドレスバーに「 about:config 」と入力し、Enterキーを押す

2012-06-10_0319

STEP2: 「細心の注意を払って使用する」をクリック

2012-06-10_0322

STEP3: 検索バーに「pdfjs.disabled」と入力

2012-08-29_15h21_59

STEP4: trueと書かれている文字の上でダブルクリックしてfalseに変更

2012-08-29_15h23_16

STEP5: オプションでPDFの取り扱い方法を指定

Firefoxオプション開いて、「プログラム」タブをクリックします。ファイル種類でPDF文書(PDF)という項目を探して(または検索バーに「pdf」と入力して)、取り扱い方法を「Firefoxでプレビュー」に変更します。

2012-08-29_19h19_39

最後にブラウザを再起動すれば完了です。これでFirefoxに実装されたビューワでPDFを閲覧できるようになります。

使い方

試しに総務省統計局のPDFを開いてみましょう。労働力調査(詳細集計)平成24年4~6月期平均(速報)結果の概要(PDF:441KB)

2012-08-29_15h32_24

サムネからジャンプ

左上の四角形のアイコンをクリックすると、ページごとのサムネイルが表示されます。クリックすると該当のページにジャンプできます。

2012-08-29_15h37_48

すぐ隣のアイコンをクリックすると、PDFの目次を表示できます。こちらもクリックすると該当のページにジャンプできます。

 2012-08-29_15h37_00

もう1度四角形のアイコンをクリックするとサイドバーが閉じます。

ズーム

中央の「自動ズーム」をクリックすると、プルダウンメニューからズームの設定ができます。

2012-08-29_15h41_24

ダウンロード

右上の下矢印のアイコンをクリックすると、PDFのダウンロードができます。

2012-08-29_15h42_29

PDFビューワの注意点

PDFビューワは現段階ではまだ未完成なので、すべてのPDFが開けるわけではありません。実際にいくつかのPDFでは、読み込みが終わらないままで、うまく描画できませんでした。

現状ではAdobe Readerの方にまだ分があると思います。

Adobe Readerに戻すには、オプション画面のプログラムタブから「PDF文書」を探して、取り扱い方法を「Adobe Readerを使用」または「Adobe Acrobatを使用」を選択すればOKです。

2012-08-29_20h42_06

関連記事

Firefoxのデータベース最適化で動作を軽快に(CCleaner編)

2012-08-12_05h31_49

「CCleaner」はWidows向けのフリーソフトです。有名なソフトなので、すでにインストールしている人も多いでしょう。

主な機能は、PC内の不要ファイルやレジストリの削除です。それがバージョンアップが進むにつれて、Webブラウザの履歴やクッキーの削除ができるようになりました。そして、バージョン2.26から、FirefoxとChromeのSQLiteデータベースの最適化が可能になりました。

この記事では、「CCleaner」のダウンロードから設定までを簡潔に解説します。

ダウンロード

CCleaner 3.21.1767をダウンロードする – FileHippo.comにアクセスします。右上の「最新バージョンをダウンロードする」をクリックすると、ダイアログが表示されるので「保存」を選ぶとダウンロードが開始されます。

2012-08-12_04h12_21

ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックします。

インストール

  1. 「Japanese」を選択して「OK」をクリック
  2. 「次へ」をクリック
  3. 「同意する」をクリック
  4. 「インストール」をクリック

インストールオプションは、デフォルトのままで問題ないですが、私は以下のように選択しました。

2012-08-12_04h24_13

インストールが完了したら、そのまま「CCleaner」を実行してください。

設定

1. 「アプリケーション」タブをクリック

Windowsタブからアプリケーションタブに移動します。

2012-08-12_04h29_20

2. 必要な項目にチェック

Firefox/MozillaとGoogle Chromeで以下の4項目にチェックを入れます。

  • インターネット一時ファイル
  • インターネットの履歴
  • ダウンロードの履歴
  • データベース(SQLite)の最適化

2012-08-12_04h30_47

「Cookie」や「セッション」を削除してしまうと、サイトの表示速度やWebアプリの動作に悪影響が出る可能性があるので、チェックを外しておくのが良いでしょう。

「解析」をクリック

ブラウザを開いている場合は、ここで一旦閉じてください。

「クリーンアップ開始」をクリック

詳細を確認して問題なければクリーンアップを開始してください。

デフォルトの設定だと「ごみ箱」の中身を空にするので注意してください。なお、SQLiteの最適化には数分かかる場合があります。

100%になって「クリーンアップ完了」と表示されたら、完了です。

関連記事

Firefox14 がメモリをバカ食いしているときの対処法

2012-08-01_21h16_38

Firefox 14でタブを5個~10個開いて放置しているだけで、いつの間にか使用メモリが800MB近くまで上昇してたりします。そのままブラウジングを続けると、ページのスクロールがカクカクしたり、ページの読み込みがやたら遅かったりと、作業に支障が出てきてしまいます。

ネットで原因を調べてみると、どうやらFlash player 11が悪さをしている模様です。したがって、旧バージョンのFlash player 10にダウングレードすれば、この問題を解決できます。

Flash player11から10に戻す

戻し方は簡単です。

  1. Firefoxを終了する
  2. 現在インストールされているFlash player 11を削除する
  3. FlashPlayer10.3.183.20をダウンロードして、インストールする

これで完了です。

Flash player 11のときと比べると、メモリの使用量は約半分になります。

おまけ

実はFirefox 14の新機能を使うと、メモリをさらに節約できます。「Click to play」という機能です。以下Mozilla Developer Streetより。

Flash などのプラグインコンテンツはそれ以前にはなかったリッチなコンテンツを実現しましたが、一方でブラウザのクラッシュ、セキュリティホール、CPU やメモリの使用量を増やす原因になることも少なくありません。そのため、プラグインコンテンツは必要な時にクリックしたら読み込めるようにする Flashblock などのアドオンがよく使われています。

Firefox 14 からはこれと同様に、プラグインについてはクリックしたら再生 (Click to Play) するよう設定可能になりました。

Flashは多くのWebサイトで使われています。特にYouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトや、映画やアニメの公式サイトでは必ずといっていいほど、Flashの動画が使われています。

「Click to play」を有効にする方法は、蹴茶: Firefox 14 正式版リリース プラグイン実行の選択が可能に [7.18]という記事がわかりやすかったです。

特にFlashの動画が勝手に再生されるのがウザイと思う人には、うれしい機能だと思います。

関連記事

Firefox14のURL自動補完の使い方と無効化方法

2012-07-20_03h12_34

Firefox 14 からロケーションバーでURLを直接入力するときに、自動補完機能が適用されるようになりました。

この機能により、URLの入力をより素早くできるようになります。ただし、ロケーションバーから開いたことのないページのURLには適用されません。

自動補完の使い方

たとえば、「http://youtube.com/」というURLを入力したい場合は、「yo」まで入力すればOKです。

2012-07-20_03h12_34

入力を確定してリンク先にアクセス

この状態で「Enter」キーを押すと、http://youtube.com/ にジャンプします。

自動補完をキャンセル

補完内容をキャンセルするには、以下のいずれかのキーを押します。

  • Backspace
  • Delete
  • Esc

続けて文字を入力

「youtube.com/」以降に続けて文字を追加したい場合はキーボードの「→」(右矢印)キーを使います。

たとえば、「youtube.com/user」のように、さらに深い階層に移動したいときに便利です。

自動補完の無効化方法

STEP1: ロケーションバーに「about:config」と入力

2012-07-20_03h24_52

STEP2: 「細心の注意を払って使用する」をクリック

STEP3: 検索バーに「browser.urlbar.autoFill」と入力

2012-07-20_03h28_17

STEP4: 値の「true」の箇所をダブルクリック

ダブルクリックして値を「false」に変更します。

2012-07-20_03h29_39

これで無効化の設定が完了しました。

関連記事

Firefox14からYouTubeが見れないときの対処法

Firefox14に更新すると、YouTube動画が急にフリーズしたり読み込みが異常に遅かったりという不具合が発生しています。

対処法は2つあります。

  1. YouTubeのHTML5試用版を無効にする
  2. FlashPlayerを旧バージョンに戻す

YouTubeのHTML5試用版を無効にする

YouTubeのHTML5試用版を有効にしている場合は、無効にすればうまく再生されるようになります。

YouTubeのHTML動画プレイヤーにアクセスして、「HTML5試用版を無効にする」をクリックして無効化します。

2012-07-20_01h21_26

FlashPlayerを旧バージョンに戻す

FlashPlayer11.3の保護モードが原因で見れない場合は、旧バージョンであるFlashPlayer10.3.183.20をインストールすると解決できます。

旧バージョンをインストールする前に、現バージョンをアンインストールしておく必要があります。

関連記事

Firefox13.0の「新しいタブページ」機能を完全にオフにする方法

次世代ブラウザFirefox

Firefox13.0の新機能である「新しいタブページ」を、見た目だけ非表示にするのではなく、完全に機能そのものをオフにする方法について解説します。

見た目だけ非表示にするやり方は簡単です。

「新しいタブページ」の右上のボタンをクリックすれば、表示/非表示を切り替えることができます。

2012-06-10_0422

それでは、「新しいタブページ」機能を完全にオフにする方法を解説します。

STEP1: Firefoxのアドレスバーに「about:config」を入力し、Enterキーを押す

2012-06-10_0319

STEP2: 「細心の注意を払って使用する」をクリック

2012-06-10_0322

STEP3: 検索バーに「browser.newtab.url」と入力

2012-06-10_0430

STEP4: 「about:newtab」と書かれているところの上でダブルクリックし、「about:blank」に変更

2012-06-10_0437

これで完了です。このままキーボードの「Ctrl + T」を押して、確認してみてください。

関連記事

Firefox13.0で右クリックからWeb検索したときに、バックグラウンドでタブを開く方法

次世代ブラウザFirefox

Firefox13.0から右クリック(コンテキストメニュー)のWeb検索機能を使うと、検索結果が表示される新しいタブに、自動的にフォーカスするように変更されました。

このフォーカス機能を無効にして、以前のバージョンのようにバックグラウンドで検索結果を表示する方法を解説します。

STEP1: Firefoxのアドレスバーに「about:config」と入力し、Enterキーを押す

2012-06-10_0319

STEP2: 「細心の注意を払って使用する」をクリック

2012-06-10_0322

STEP3: 検索バーに「browser.search.context.loadInBackground」と入力

2012-06-10_0325

STEP4: falseと書かれているところの上で右クリックし、「切り替え」をクリック

2012-06-10_0327

STEP5: 値がfalseからtrueに変わったことを確認し、Firefoxを再起動

2012-06-10_0330

これで完了です。以前のバージョンのように検索結果がバックグラウンドで処理されます。

関連記事