Firefoxの互換性チェックでアドオンが無効化されたときの簡単な対処法

2012-11-21_15h43_16

Firefoxを最新版に更新したときに、Firefoxと互換性のないアドオンが勝手に無効になる場合の対処法について解説します。

無効化方法は簡単で、「Disable Add-on Compatibility Checks」というアドオンをインストールするだけです。

インストールが終了したら、「Ctrl + Shift + A」でアドオンマネージャを開きます。

一番上に「アドオンの互換性確認は無効化されています。…」と表示されていればOKです。あとはFirefoxを再起動すれば、互換性チェックで無効化されていたアドオンが復活します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です